トップページ

福島支援活動レポート (10月20日-21日)

【活動実績】

1日目 牛越仮設と大甕生涯学習センター (合計17名)
2日目 花見山を守る会とこひつじ幼稚園   (合計15名)

 

解除となった楢葉町に人は戻るのか

今回は2名が初参加ということで、先日9月5日に避難指示解除となった楢葉町を少し見て周りました。

沿岸部には汚染土の入ったフレコンパックが山積みとなった仮置き場が辺り一面に広がっていました。

 

帰還の意思を示している人は、全人口約7400人に対してわずか一割程度という状況です。
私達が活動させていただいている南相馬の牛越仮設にもご両親が楢葉町民で、解除にあわせて避難先のいわきから楢葉町に戻るという方がいらっしゃいました。
楢葉町へ戻った場合、運転免許を返納させたため、いわきの病院へ連れて行かなくてはいけないとおっしゃっていました。
解除されたとはいえ、インフラの整備にはまだまだ時間はかかります。

天神岬公園から沿岸部を臨む

天神岬公園から沿岸部を臨む

 

 

 

 

 

 

 

楢葉町を一望

楢葉町を一望

 

 

 

 

 

 

 

沿岸部に山積みになった汚染土が

沿岸部に山積みになった汚染土が

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もお昼は「おだかのひるごはん」へ。
店長さんは牛越仮設にお住いということがわかり、何か不思議なご縁を感じました。

ボリュームたっぷりで味も良い

ボリュームたっぷりで味も良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花見山はもうすぐ紅葉

翌日の花見山では紅葉が近づいていました。
この日は小高区から避難している方々が贈呈された植樹を植えるポイント設定を、小一時間山を歩き回って行いました。
途中に今年の4月に植樹させていただいたCheFuKoの桜をようやく確認することができました。
だいぶ崖のほうになりますが、お時間ある方はぜひ探してみてください。

植樹ポイントをチェックして目印をつけていく

植樹ポイントをチェックして目印をつけていく

 

 

 

 

 

 

 

2015年度植樹したCheFuKoの桜です。

2015年度植樹したCheFuKoの桜です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日が快晴で吾妻連峰がはっきりと見えた

この日が快晴で吾妻連峰がはっきりと見えた

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もクリスマスカードを送ります!!

また今回は南相馬の大甕幼稚園様から早速ウクライナの子供宛てのクリスマスカードをお預かりしました。
もうすぐクリスマスです。
皆様のご参加もお待ちしております!!

→→→クリスマスカードキャンペーン詳細