トップページ

《寄付金に関するご報告》

【有志団体より寄付金を頂きました】

 

この度、47,232円の寄付を支援して頂きました。

 

フットサルが大好きな有志のグループが毎年チャリティーフットサル大会を実施しています。
このフットサル大会が面白いのは、1ゴール決めたら、100円~の寄付を募ります。
そして集まったお金をチャリティーとしてあらかじめ決定している団体に寄付しているのです。
なんと、4年前からこの活動を行っています。

 

この大会の主催者、および関係者は、青年海外協力隊事業(*)に参加した多くのボランティアで構成されています。
元々はアフリカの国々で活動していたメンバーが帰国後有志でフットサルをしたいと思い、この大会を始めました。
今年はアジアからも2カ国が(マレーシアとベトナム)参戦し、10カ国100名弱が参加する大きな大会になっていました。

 

そして今年は、CheFuKoを支援対象団体として選んでくださいました。
4月25日にネパールで大震災が起き、たくさんの方が犠牲になりました。
未だに復興が進まないネパールのために助けになりたいという主催者側の思いが今回の寄付金へと繋がりました。

 

CheFuKoが責任を持って頂いたお金を現地に届けます。
今回頂いたお金はCheFuKo里親プロジェクトにあてさせていただきます。

 
(*)青年海外協力隊事業とは、日本国政府が行う政府開発援助 (ODA)の一環として、
外務省所管の独立行政法人国際協力機構 (JICA)が実施する海外ボランティア派遣制度です。
自身が持つ技術・知識や経験を開発途上国の人々のために役立てたいと望む20歳~39歳までの
青年たちがアフリカ・南米・東南アジアなど開発途上国に2年間派遣されます。
 
12366734_488047231368088_668677952_n