トップページ

福島支援活動レポート (3月21日-22 日)

福島支援活動の報告です。
訪問した日は風が強く、寒い日でしたが、福島でもいよいよ桜が咲き始めました。
私たちの活動拠点であるNPO花見山さんも、開花に備えて急ピッチで施設の準備を進めていました。

 

1

お客さんを迎える準備が進む花見山

 

 

【今月のトピック】
①ボランティア参加最年少記録!!!
今月は高校生2年生のボランティアが参加してくれました。
高校生から社会問題に目を向け、実際に行動するなんてとても志が高い!
彼のような青年が、これからの社会を支えていってくれればと願っています。

 

 

②大甕幼稚園の園長先生、定年退職!!!
3年間訪問させていただいた大甕幼稚園の園長先生が3月でご退職されました。
園長先生のお陰で園児や先生、父兄の方々を繋がることができました。
本当にありがとうございました!

2

園長先生を囲んで記念撮影

 

 

③こどものいえ そらまめ 閉園
最後のイベントであるジャズコンサートにお邪魔してきました。
卒園生やご家族、関係者も集まり、和気あいあいとした雰囲気の会でした。
当団体が初めて温熱施術をさせていただいたり、大雪の中設備を整備したりと、
とても思い出深い施設ですが、ここも原発事故が原因で閉園することになりました。
先生方、お疲れ様でした!

3

子供たちもセッションに参加しました

 

 

【活動実績】

今月は以下の施設を訪問させていただきました。
1日目=南相馬市:西町第一仮設住宅・南相馬市生涯学習センター・牛越仮設住宅
2日目=福島市:花見山を守る会・こひつじ教育センター・みんなの家@福島
今月も大勢の方にご来場いただきました!
本当にありがとうございました。

4

今月は多くの子供が温熱施術を受けてくれました