トップページ

福島活動報告(10/18-19)

福島支援活動のご報告です。

今回のトピックは2つあります。

〈1.被災者の方の体験談〉
 この方は、震災後5年間茨城に避難して、昨年福島に戻ってきました。
ご自宅は沿岸近くでしたが、高台に位置していたため特に被害に遭うことはなかったそうです。しかしご実家は沿岸から数百メートルのところにあったため、流されてしまいました。地震直後、お兄さん一家が実家にいたそうです。皆さんすぐに避難をしたため命は助かりました。その時の様子をお兄さんから「波が板のように私たちの車を追いかけた。」と聞かされ、恐怖を感じたとおっしゃっていました。

 徐々に避難解除が進む福島において今後、県外に避難された方が戻ってくるかと質問を投げかけたところ、「若い人は戻ってこないと思いますよ。もう新しい場所で新しい生活を始めているからね。特にお子さんがいると学校を転校させたり、タイミングが難しいから。私はここが地元で自宅もあり、両親もこっちにいるか戻ってきたけどね。」とおっしゃっていました。
福島が抱える問題の重さを改めて痛感しました。

14793770_611090099063800_902467293_n
仮設住宅にて

〈2.温熱施術が大好きな女の子〉
「みんなの家@福島」では温熱施術が子供たちにも好評です。活動初回から毎月施術を受けてくださっているA子さんの3歳の娘Mちゃんは、3か月前に初めて施術を体験しました。すると、身体がぽかぽかすることがとても気持ちよかったようで先月からは約30分間大人しく施術を受けています。

「気持ちよかったよ~」と嬉しそうな笑顔のMちゃん、来月もお待ちしています。

14800806_611090122397131_1133204486_n
施術後のMちゃん

14805508_611090175730459_200990410_n
お母さんの施術を見守るK君

【活動実績】
今月は下記施設を訪問させていただきました。
1日目=南相馬市:寺内塚合仮設住宅・南相馬市生涯学習センター・牛越仮設住宅
2日目=福島市:花見山を守る会・こひつじ教育支援センター・みんなの家@福島

今月もたくさんの方にお世話になりました。
また来月もよろしくお願いいたします。