トップページ

福島支援活動 2月19、20日

今月は2月19日(火)、20日(水)に福島支援活動を行いました。初日は南相馬市、2日目は福島市で活動を行いました。

先月の福島は未だ雪が残っていましたが、今月は気温が高く、これからの春の訪れが感じられるような気候でした。


東京から福島へ向かう途中の高速道路からの風景。

【温熱マッサージ】

今月は2日間で57人の方に温熱マッサージを受けていただきました。初日は4人、2日目は5人の職員で各施設にて施術を行いました。

私たち、施術者側の感想ですが、毎回、福島で温熱マッサージを受けに来てくださる方々は皆、一様に明るい方々ばかりのように感じています。

私達から「今日はどこかカラダで温めたい所はありますか?」と聞くと、「そうだねー、肩、腰、脚、あっ、全部かなー笑」と明るく返してくれたりします。とはいえ、やはり皆さん、身体の不調はそれぞれにどこかお持ちで、「少しでも楽になってほしい」と毎回、思いながら行っています。


施術中の風景。皆さん、気持ちよさそうにしていました。

【春の訪れ・福島の景色】

今月の福島の景色を紹介します。冬から春への季節の変わり目を感じられる素敵な景色でした。
さて今年の桜の開花はどれくらいになるのでしょうか?


福島市の花見山にて。春の訪れを感じさせる花々。


福島の朝。雲の切り目から差し込む太陽の光がとても美しかったです。


施設での温熱マッサージのお知らせ。


これからランチタイム♪


道路脇には未だ除染のあとが残っています。


いつもお世話になっている施設さまよりネパールへの支援物資をいただきました。ありがとうございます!

【福島の新聞より】

福島県を含む16の県が医師少数県で政府は確保策を重点的に今後行うとのことです。食べ物も美味しくて、自然も豊かな福島にぜひ、お医者さん、来てください!とここでもアピールをさせていただきます。

《施術人数》

1日目23人(大甕生涯学習センター5人、大町東復興公営住宅18人)

2日目34人(NPO花見山を守る会14人、学童レインボーハウス5人、みんなの家@ふくしま セカンド13人、飯野町のふれあいセンター「まつぼっくり」2人)