トップページ

ネパール

活動地の紹介

私たちは、2015年4月25日の大地震直後から首都カトマンズ近郊で活動をしています。
ネパールは基幹産業が少なく、観光産業に依存しなければならないアジア最貧国のひとつです。
水や電気、インフラも、まだ整備されていません。
商売に成功し裕福な生活を送っている家庭もあれば、日雇いで生計を立てている貧しい家庭もたくさんあります。
貧困ゆえに施設で生活する子供が多く、そのような施設はカトマンズ近郊にたくさんあります。
私達は現地NPOと協力し、子供たちやその家族、地域の方々が集まる学校や地域の集会場などを訪問しています。

  • slide0001_image001
    カトマンズ郊外の様子

  • 子供たちが生活する施設
  • slide0001_image002
    衣食住を共にし
    助け合って生きている子供達

支援に至った経緯

2015年4月25日、ネパールで大地震が発生しました。
9,000人以上の尊い命が失われ、5,000校以上の学校が倒壊しました。
人々は家を失い、テント生活を余儀なくされました。
子供たちも学校が休みになり、いつまた地震が来るかと、恐怖と隣り合わせの毎日を過ごしていました。

  • slide0002_image006
    大地震で倒壊した校舎
  • slide0002_image008
    大地震の爪痕が残る
    カトマンズの街中

そんなネパールの人々の助けになれないかと、地震発生約3週間後にネパールへ向かいました。
私たちが福島で行っている温熱施術をネパールでも実施しました。
現地の方は、このようなリラクゼーションを受けたことがほとんどありません。
また公的な医療制度が不足し医療費が高額であるため、このような施術が重宝されました。
支援活動で現地を訪問するたびに、「また来て欲しい。」との要望を受けています。

slide0002_image005
大地震発生3週間後、第1回支援活動の様子

一方、現地で交流していく中で、住民の方にから「必要なのは物資ではなく、教育への支援」だという話がありました。
地震の被害により学校が封鎖されたり、校舎や設備が使えなくなったり、通学することが困難になってしまいました。
その状況を受けて、“私たちにできる教育支援の形” を調査し始めました。
施設や政府機関、国際NGOなどに取材をする中で、貧しさ故学校に通えない子供が他国に比べて大きな問題になっていることを知りました。
教育を受けることができれば将来自立できますが、その機会すら得られない子供がたくさんいます。
私たちは、一人でも多くの子供が学校に行けるように「CheFuKo里親プロジェクト」を立ち上げました。

IMG_3942
仮設校舎でも元気な子供たち

具体的な活動

①コミュニティーに適した教育支援
金銭的な理由で学校に通えない子供たちのために、継続的に学費を支援する「CheFuKo里親プロジェクト」を展開しています。
子供たちが将来自立して生きていくために「教育」が欠かせないのは、日本に限らずネパールも同じです。
1人でも多くの子供に学校へ通うための支援ができればと考えています。

  • slide0003_image014
    満足とは言えない設備の中でも
    一生懸命に勉強する子供たち
  • P1040269
    日本(福島)の現状を伝える講義を実施

②温熱施術の提供
ネパール人は高血圧や糖尿病といった生活習慣病や、日常の生活での疲労による足・腰・膝の痛みを抱えている方が多いです。公的医療保険がないため高額の医療費を払えず、病院に通いたくても通えないのが現状です。
温熱施術は彼らにとって身体も心も癒してくれるものになっています。
また、温熱施術の会場は、地域の方が集う集会所としての機能も果たしています。

  • slide0003_image018
    最小限の設備で温熱施術を実施
  • slide0003_image020
    ネパールの子供たちへの施術

③文房具の提供
日本では不自由なく手に入るペンやノートが、ネパールでは貧しさ故に購入できない家庭が多いです。
ネパールの子供たちは十分な勉強道具がない中、勉強しています。
その上地震によって一層貧困が拡大し、子供たちの学習環境に大きな影響を与えています。
そのような状況下にあるネパールの子供たちがもっと勉強できるよう、文房具を届けています。

slide0003_image022
日本製の文房具を子供たちに配布