トップページ

ウクライナ

活動地の紹介

首都キエフから西に約130km離れたジトーミル州。ここが当団体の活動拠点です。
1986年にチェルノブイリ原発事故が起き、大量の放射性物質が風に乗ってこの地域に舞い降りました。
特に北部のナロディチ(チェルノブイリ原発から西に70km)は、内部被曝が問題になっている地域です。
それ以外にも強制移住や健康被害の問題が顕在化し、現在では失業※による貧困が拡大しています。

私たちは汚染地域からの避難者が多いジトーミル州の主な町や村で、原発事故避難者のコミュニティーや教育施設を中心に支援活動を行っています。

Activities
Zhytomyr is about 130 km west of the capital Kiev. This is our activity base. In 1986, the Chernobyl disaster happened, and a large amount of radioactive material fell in this area, carried by the wind. The northern part of Narodychi (70 km west of the Chernobyl nuclear power plant) is the area where internal radiation exposure became a problem. Forced resettlement and health damage have become apparent, as well as poverty due to unemployment, which is now spreading*. We are carrying out support activities, mainly in the communities and educational facilities, for nuclear accident refugees in the major towns and villages in Zhytomyr.

※法律によりこの地域では、工場や事務所が作ることができないことが大きな原因になっています。
* by law, in this area, we cannot set up any factories nor offices which causes a major problem for our activity.

  • slide0001_image001
    ジトーミル市の風景 view of Zhytomyr,
  • slide0001_image002
    ナロディチ村に立ち並ぶ取り壊せない空き家 Empty houses, which cannot be demolished in Narodychi.

slide0001_image003
ナロディチ幼稚園の子供たち Children at Kindergarten in Narodychi.

支援に至った経緯 Background Description

東日本大震災、及び福島第一原発事故により現地の子供たちの生活が一変しました。
私達は福島で支援活動を行う中で、その現実を目の当たりにしました。

「福島の子供たちのために、有益な情報を得られないか?」
「原発事故の前例であるチェルノブイリの子供たちは、今どんな状況なのだろうか?」
そんな想いで2013年9月、最高顧問の浅井がウクライナへ調査に赴いたのがはじまりです。
以来毎年、現地調査と施設への支援、そして子供たちとの交流を行っています。
また、2014年6月には、チェルノブイリ原子力発電所内の視察も実施しました。

The life of the local children was changed completely by East Japan great earthquake disaster and the first Fukushima nuclear plant accident. We have witnessed this reality while carrying out support activities in Fukushima. “How do we get useful information that will assist in helping children in Fukuoka?” “What kind of situation are the children of Chernobyl, which is the precedent example of the nuclear plant accident in now?” In September 2013, Mr. Asai, the Senior Adviser, went to Ukraine to start the investigation. Every year since then, we have been conducting on-site investigation and support for facilities, and interchange with the children. In June 2014, we also conducted a tour in the Chernobyl nuclear power plant.

  • slide0002_image007
    チェルノブイリ原発の外観 Chernobyl nuclear power plant from outside
  • slide0002_image005
    高線量を示すガイガーカウンター Geiger counter showing high radiation reading

slide0002_image006
当団体の調査チーム Our investigation team

具体的な活動 Our Local Activity

①子供たちが利用する設備の補充支援
ウクライナは原発事故による強制移住や、失業を原因とする貧困が社会問題になっています。
その影響は教育施設や小児病院にも及び、設備や勉強道具の不足という事態が発生しています。
子供たちの学業に必要なものを少しでも補えるように、寄付金によるサポートを行っています。

①Supplementation of equipment used by children
Ukraine is facing social problems, such as forced migration due to the nuclear accident and poverty caused by unemployment. The impact spreads to educational institutions and paediatric hospitals. We are experiencing a shortage of facilities and study resources. We need to support by donations, so that we can supply anything necessary for the children’s studies.

  • slide0003_image009
    寄付金で購入した施設の設備  Equipment purchased with donations.
  • slide0003_image013

②子供たちとの文化・国際交流
同じく放射能の影響下にある福島の現状を伝える講義を実施したり、日本の伝統的な遊びで交流をしています。
また、私たちが支援する各国の子供たちとクリスマスカードを交換する企画も、ウクライナを起点に実施しています。
東日本大震災以降、ウクライナの子供たちは福島の子供たちをとても心配しています。
海外との接点が少ない子供たちに、海外の子どもたちと交流できるプログラムを作っています。

②Culture and international exchange with children
We hold lectures to convey the current situation of Fukushima under the influence of radioactivity, and exchange with traditional Japanese play. We also plan to exchange Christmas cards with children from the various countries that we support, starting with Ukraine. After the East Japan great earthquake, children in Ukraine are very worried about the children in Fukushima. We are creating programmes that will allow children that have limited contact with foreign countries to interact with overseas children.

  • slide0003_image015
    ウクライナの子供たちが
    作ってくれたクリスマスカード Christmas cards made by children in Ukraine
  • slide0003_image016
    日本の伝統的な遊び(折り紙)を体験 Trying to make Origami

③温熱施術の提供
ウクライナではチェルノブイリ原発事故後、様々な病気で悩む方が増えています。
事故当時、原発で消火活動にあたった消防士の方々は、その最たる例です。
寒い土地柄外出の頻度が低いこと、飲酒の量が多いことなどの生活習慣も原因で、健康に支障をきたしています。
そのような方々に温熱療法を施しています。

③Providing Thermal Treatment
In Ukraine, the number of people who suffer from various diseases is increasing after the Chernobyl nuclear power plant accident. At the time of the accident, fire fighters at nuclear power plants are the best examples. In a cold land, it is a health concern, due to their lifestyle such as low frequency of going out and a lot of drinking. We provide thermal treatment to such people.

  • slide0003_image011
    原発事故の消火活動にあたった
    消防士への施術 Treating a fire fighter at nuclear power plants
  • slide0003_image012
    ナロディチ幼稚園の先生方への施術 Treating kindergarten teachers in Narodychi.