トップページ

2019年度活動報告会開催報告

2019年度活動報告会が無事終了しました。
この度は合計32名の方に報告会に参加していただき、
その内15名は初めて報告会に来られた方々でした。

 

寒い中ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました

当日募らせて頂いた寄付金も、合計2万7350円 集まりました。
皆様の温かいご支援に、重ねて御礼申し上げます。

 

今回、報告させていただいた内容は以下の4点です。

 

・台風19号災害支援活動報告

ウクライナ活動報告&交流プログラム
ネパール支援活動
ベネズエラ子供救済募金報告

 

会場は掲示物や活動アルバム、モニターなどを配置し、
ネパールやウクライナのチャリティーグッズが見られるコーナーを設けました。

 

 

<会場の様子>

 

台風19号災害支援活動報告は、

スタッフが支援現場で実際に着用した作業着を着て報告をしました。
福島やニュース等で話題になった宮城県の丸森町での

災害支援の様子を主にお話ししました。

 

<福島支援活動報告>

 

ウクライナ活動報告&交流プログラムの発表では、
昨年5月にウクライナに渡航した際に取材して分かった原発被害の影響や、
支援先の紹介などに焦点を当てて話を進めました。

 

交流プログラムの報告は日本での子どもたちの様子を

動画をお見せしながら紹介しました。

子どもたちの生き生きした表情や

彼らが日本に来て学んだことをお伝えしました。

 

  

<ウクライナ活動報告&交流プログラム>

 

ネパール支援については、

昨年4月に渡航した時の活動内容をまとめて皆さんにご報告しました。

ネパールの学校で開催した運動会や体力測定の様子など、

日本の子ども達との体力の差や学校教育の現場の違いを知って頂きました。

 

<ネパール活動報告>

 

最後にベネズエラでの活動について、簡単にご説明しました。

ベネズエラの惨状をあまり知らない方も多く、

驚かれた方が多数いた印象です。

 

現地に行けないこともあり

なかなか思うように活動ができない中で、

なんとか現地で動いてくれる方々のお陰様で実った

病院内での子ども達への炊き出しの写真をご紹介しました。

 

<ベネズエラ活動報告>

 

活動報告の後は、皆様との懇親会の場を事務所内で設けさせて頂きました。
ネパール料理やウクライナのチョコ、

お酒などを嗜みながら沢山の方々と交流することができました。

 

中には力強いエールを送って下さる方もいました。

その言葉を聞くと頑張ろうと思えます。

 

新規で入ったばかりのスタッフが多数を占めていますが、

より良い団体にできるように、

しっかり自発的に考えて行動していきたいと思います。

 

  

<懇親会の様子>

 

          <参加された皆様の感想より>

 

・こんな活動をされていたとは、素晴らしい報告をありがとうございました。
 世界のことがもっと知りたくなりました。

 今後も日本を代表して変わらぬ活動をお願いいたします。

 

・福島のみならず、こんなに沢山の国の支援に感動です。

 世界の子ども達の幸多くあることを願っています。

 この団体を支援できてうれしいです。

 

・どの発表も説明と映像が合っていて、簡潔にまとめられていて面白かったです。

 長すぎず、短すぎず、熱すぎず冷めすぎず良かったと思います。