1. HOME
  2. ブログ
  3. ベネズエラ
  4. ベネズエラで新たな支援が開始 ~クマナミア・子ども食堂~

ベネズエラで新たな支援が開始
~クマナミア・子ども食堂~

ベネズエラで新たな支援が始まりました!
これまでCheFuKoはベネズエラでは、バレンシア市サンディエゴ地区に住む子どもたちへ炊き出し支援を中心に行ってきました。この度、スクレ州のクマナ市で活動するNGO「クマナミア」を支援することになりましたので、ご報告致します。

クマナミアは、カリブ海に面したベネズエラ北部に位置するスクレ州の州都クマナで活動する団体です。2019年2月からクマナ市内で子ども食堂を運営しています。

写真左:クマナ市の位置  写真右:教会で食事する子ども達

スクレ州の一人当たりの収入は1日1ドル未満であるため、クマナ市には子ども食堂を切実に必要とする多くの子どもたちがいます。その中でも、慢性的な栄養失調の1~10歳の子ども40人を対象として、子ども食堂は始まりました。子ども食堂は慢性的な栄養失調を止め、それを克服することを目的としています。

写真:クマナミア代表のミランダ・ポンセさん。自身も3人の子どもの母であるが、精力的に活動を行っている。

 

 

 

 

 

クマナミアの活動は、カトリック教会、子ども病院、国際ロータリークラブ、教師や心理学者など様々なボランティアと協力して行っています。子ども達の栄養失調の状態に応じて参加者を決めるため、定期的に医療会議も行われます。

写真左:食事の準備をするボランティア 写真右:以前はガス・電気で調理をしていたが、最近はそれらが手に入らないため、野外で薪を使って煮炊きをしている

写真:体重・身長をの計測や薬の提供もする

CheFuKoは4月末にクマナミアに寄付金1000ドルを送金しました。今後も活動の状況を見つつ、支援を続けていく予定です。

CheFuKoではベネズエラの困難な状況にある子どもたち、その家族、彼・彼女らを支える団体を支援するために『ベネズエラ子ども救済募金』を設置しています。
皆様の温かいご支援をお待ちしております。