1. HOME
  2. ブログ
  3. 福島
  4. 福島支援活動 2021年8月10~11日

福島支援活動 2021年8月10~11日

今年の夏は天候が不安定ですが、皆様いかがお過ごしですか?

今月も福島支援活動に行って参りました。今回はスタッフ3名とボランティアM君1名の合計4名で福島市と南相馬市を訪れました。

初日は福島市のNPO花見山を守る会を訪れ、花見山の整備作業をお手伝いしました。今回は、来年のお花見シーズンに向けて、カタクリの花が咲く森の中の倒木除去の作業と、景観を良くするための竹林伐採を手伝いました。この日は風が強く、竹が風でしなって切るのはなかなか大変でしたが、やっているうちにコツをつかみ作業に取り組みました。休憩時間にいただいた福島の桃とプラムがとても美味しかったです!

写真左:カタクリの森  写真中央:竹林伐採の様子  写真右:強風に揺れる竹林

この日はいつもの公共浴場が休みだったため、飯坂温泉の奥にある天王寺穴原湯という共同浴場に行きました。花見山を守る会の高橋代表が50年前からおばあちゃんに連れられて通っていたという名湯ですが、46度のお湯はとても熱くて、水で埋めてどうにか入りました。数分入っただけでも体はぽかぽかになり、その後、2時間くらい足先がピリピリしていました。その効果あってか、夜はとてもぐっすり眠れました。

二日目は朝5時に福島市を出発し、南相馬市小高区に向かいました。先月同様、おだか千本桜プロジェクトの桜苗木の植栽地で、代表の佐藤様の指導の下で草刈り作業をしました。今回の植栽地は土手の上で、それほど傾斜が多くなかったので少し楽でした。刈払機を使うのが2回目ということもあり、少しは慣れてきたようです。

写真左:草刈り前の土手  写真中央:草刈り後の様子  写真右:代表の佐藤様と

今回、草刈りをした場所は、2019年8月に実施した「ウクライナ&福島 子ども交流プログラム」で来日したウクライナの子ども達が、桜の苗木3本を植栽した場所でした。その時に植えた3本の桜の苗木は、無事に元気に育っていました。

写真左:現在の桜苗木の様子  写真右:2年前の植栽時の様子

今月も無事、福島支援活動に向かうことができました。コロナ禍でなかなか思うような活動は出来ませんが、今できる支援活動をチェフコは続けていきます。