トップページ

action_title

CheFuKo(チェフコ)とは

 

ハートロゴ

私たちは、災害や貧困、人道的危機等で困難な状況にある国内外の子どもたちが笑顔を取り戻せるように、活動している団体です。

 

団体のあゆみ

当団体は2013年5月に設立しました。
設立のきっかけは、東日本大震災後の福島を訪問したことです。
放射能基準値による混乱や外出時間制限、食べることや遊ぶことなど、子どもたちの生活が
最も犠牲になっていることを実感し、「何かできないか」と考えました。
また、原発事故における教訓を得られないかとチェルノブイリを訪問しました。
以来、ウクライナでも様々な支援活動を行っています。

 

 

2015年は私たちにとって大きな変化の年となりました。
2015年4月25日、ネパールで首都カトマンズから北西77km付近、ゴルカ群を震源地としたM7.8の大地震が起きました。全てが不足し、救助活動や復旧作業が一向に進んでいないとの情報を受け、
“何かできないか”そんな想いに駆られ、ネパールに飛びました。

現在は福島、ウクライナ、ネパール、ベネズエラの4地点で継続的に支援活動を行っています。
1人でも多くの子どもたちの助けになればと日々活動を行っています。

 

map

ミッション

私たちの目的は、国内外の災害や貧困で困難な状況にある子ども、その家族、及び彼らを支える人を支援することです。
現地に通いコミュニティーと対話を深めることで、継続的、かつ本当に望まれている活動を実現していきます。

 

活動概要

下記の2点を柱として、支援活動を行っています。

 

子ども達への支援

concept_01

学校や児童養護施設、小児病棟への寄付、及び勉強道具の提供を行っています。
寄付金は子どもたちが使う文房具や、PCなどの設備にあてられています。

 

温熱療法の施術

concept_02

日本サーモセラピスト協会認定の研修を受けたスタッフを中心とした、温熱施術のチームを派遣しています。
温熱療法とは、“温熱器”という特殊な器械を使って、熱と遠赤外線で体を温めるリラクゼーションです。
災害や貧困の状況にある方々は、心身共に大きなストレスを抱えています。その方たちにリラックスした時間を提供したいと考えています。

 

ビジョン

①教育支援プログラムの拡充

―「教育を受けることが当たり前ではない」子どもたちに学びの機会を提供しますー

現地に足を運ぶ私達ならではの教育支援を各国で展開します。
現地の方の声を聴くことで求められている支援の形を見出し、本当に喜ばれる支援を行います。
チェフコが実施しているネパールの里親プロジェクトでは、現地調査により特定の子供を支援するとコミュニティー内で摩擦が起きることが分かったため教育施設では、子どもへの支援を均等に分配しています。この事例のように、支援地に適した支援方法を設計し、広げていきます。

 

edu_pro

②子どもたちの「交流」の実現

―支援地の子どもたちが交流するプログラムを作りますー

私たちが支援する子どもたちは、現在とても貧しく日々の生活すら困難です。そんな彼らにも自分の周りだけではなく、地元や海外の問題を知る機会を持ってもらいたいと考えています。
具体的には、現在支援する3ヵ国の子どもたちが実際に交流する場を作ります。
現在はクリスマスカード交換プログラムとウクライナと福島の交流プログラムを行っています。
クリスマスカード交換プログラムでは福島、ウクライナ、ネパールの3ヵ国地域の子どもたちが参加し、
ウクライナと福島の交流プログラムではウクライナの中学生を日本に招いて福島の方々と交流を行っています。
原発や震災の被害を共有し、お互いの理解を深め、そこから学べる知恵を集約させてもらいたいと思っています。
そして彼らが大人になった時、同じ惨事が起こらないように、誰も何も覚えていないということがないように、先頭に立って行動してくれるよう願っています。