トップページ

福島

活動地の紹介

東日本大震災で大きな被害を受けた福島県の南相馬市と福島市で活動を行っています。
被災地では住居、仕事、健康、お金、人間関係など様々な問題が山積みです。
南相馬市は原発から20km圏内の避難区域から沢山の方が避難しています。
福島市は地震の被害は比較的少なく、原発からは約50km離れています。
しかし原発事故直後には、放射線が与える影響を心配して隣県などへの避難者が続出しました。

私たちは復興公営住宅や、被災者の方が集まるサロンなどを訪問しています。
現地で交流している方々は、なかなか進まない復興に対して不安やストレスを感じています。
また、避難者の間でも意見や方針が分かれ、状況は複雑になっています。

震災や原発事故の記憶は、だんだんと風化してきています。
しかし、被災者の方々にとっては、解決しなければならないことがたくさん残されています。
私たちにできることは福島を訪問し、現地の方々と向き合うこと、
そして、そこで感じた福島の状況を多くの方に伝えていくことだと考えています。

 

  • slide0001_image001
    南相馬市沿岸部の風景
  • slide0001_image002

支援に至った経緯

私たちは東日本大震災の被災状況を現地で目の当たりにし、被災者の方に何かできないか、という想いで結成されました。
2013年5月に視察チームを組み、被災地の現状を調査しました。
そこで避難者の方々や、彼らをサポートしている団体の方々と交流し、「私たちにできること」を試行錯誤してきました。
その後数回の調査を経て、2013年9月から支援活動を続けています。

 

  • slide0002_image004
    南相馬市長にもご参加いただいた初回の視察風景
  • slide0002_image005
    南相馬市立総合病院の院長にお話をうかがった

具体的な活動

①温熱施術の提供
多くの被災者は原発事故後、仕事を失い身体を動かさなくなったことで、不調になる方が増加していました。
そのような方々や、放射能問題によるストレスを抱える方に温熱療法を施しています。
地元の方が交流でき、楽しいリラックスした時間を過ごしていただく場をつくっています。

 

  • slide0003_image009
    温熱施術風景
  • slide0003_image007
    温熱施術は子どもにも好評

②被災地視察ツアーの実施
福島の“今”を見聞し、震災や原発事故を考えるきっかけにすることを目的とした、被災地を巡るツアーを実施しています。
また、福島での活動にご協力いただいている方々同士の親睦を深める機会も兼ねています。

 

  • slide0003_image013
    拡大する汚染土置き場の視察中
  • slide0003_image015
    被災者の方による勉強会も実施