トップページ

ウクライナ

活動地の紹介

首都キエフから西に約130km離れたジトーミル州が当団体の活動拠点です。
1986年にチェルノブイリ原子力発電所事故が起き、大量の放射性物質が風に乗ってこの地域に降り注ぎました。
特に北部のナロジチ地区(チェルノブイリ原発から西に70km)など放射線量が高いとされている地域では
健康被害や経済活動が制限されていること※による貧困が問題になっています。

私たちはジトーミル州のジトーミル市、オブルチ市、ナロジチ地区の学校や幼稚園、小児病院などで支援活動を行っています。

※法律によりこの地域では、新たに工場を建設したり企業を誘致したりできないことが大きな原因になっています。

 

    • slide0001_image001
      ジトーミル市の風景


オブルチ市の風景

  • slide0001_image002
    ナロジチ地区に立ち並ぶ取り壊せない空き家

slide0001_image003
ナロジチのソネチコ幼稚園の子どもたち

支援に至った経緯

東日本大震災、及び福島原子力発電所事故により生活が一変した子どもたちにとって有益な情報を得るため、
2013年9月に最高顧問の浅井がチェルノブイリ原発事故を経験したウクライナへ調査へ赴いたのが始まりです。

以来毎年、現地調査と施設への支援、そして子どもたちとの交流を行っています。

  • slide0002_image007
    チェルノブイリ原発の外観
  • slide0002_image005
    高線量を示すガイガーカウンター

slide0002_image006
当団体の調査チーム

具体的な活動

①子どもたちが利用する設備の支援

子どもたちの学業や病院での治療に必要なものを少しでも補えるように、寄付金によるサポートを行っています。
慢性的な財政危機に見舞われているウクライナでは、国公立の学校や病院への予算が削減され満足な学習環境や治療環境が整っていない施設が数多くあります。
私たちは現地のカウンターパートである「チェルノブイリ・ホステージ基金」と協力してそういった機関を継続的に支援しています。

 

  • slide0003_image009
    寄付金で購入した施設の設備

②子どもたちとの国際交流
2017年から「ウクライナ&福島 子ども交流プログラム」を実施しています。
ウクライナの子どもたち数人を福島県に招待し、ウクライナと同じ原発事故を体験した
福島の現状を知ってもらうとともに、校訪問や一般家庭へのホームステイを通じて
地元の人々と交流をしてもらうことで、双方の交流の促進を目指しています。
また、ウクライナを起点に、ネパール、福島の3地域間で毎年クリスマスカードを交換し
手紙による海外との交流の機会を提供しています。

 

    • slide0003_image015
    • 作ってくれたクリスマスカード

  • ③温熱施術の実施
    ウクライナではチェルノブイリ原発事故後、消防士らが現場での消火活動などの後処理の作業に従事しました。
    彼らはリクビダートルと呼ばれ、様々な病気で悩んでいます。
    そのような方々を中心に温熱療法を施しています。
  • slide0003_image011
  • 消防士への施術
  • slide0003_image012
    ソネチコ幼稚園の先生方への施術